FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月最後の授業

31日は父の入院先の転院のため職業訓練校を休まなければなりません。
ということで、私の8月の授業は終了しました。

資料を学校に忘れてきたので、以下、仮入力です。

27日: 「樹木の剪定(?)」 I先生

剪定方法について資料に沿った一通りの説明ののち、自然風剪定のビデオを見ました。
すでに、通信教育や書籍で知識を得て自宅や親兄弟の家の庭の選定をしてきているので、内容的には復習、という感じでした。ビデオでの職人さんの剪定を見たところでは、自分の今やっている剪定方法でだいたい良さそうだな、という感想です。逆に本職の方が私のを見ると、メタメタなのでしょうが。


28日: 「樹木の種類と手入れ(?)」 Mo先生

樹木の種類毎の移植、剪定等の時期、注意点などについての講義でした。
全体的な話の後に20種類ほどの樹木についてスケジュール表で説明が有りました。
20くらいでは全然足りないのでしょうが、これを覚えるだけでも大変です。
頭で覚えるより現場で現物を見、季節を感じながら覚えていく方が良いのでしょうね。


あっ!というまの一ヵ月でした。
何が身についてかというと・・・
形としてはクラウンノット、Eye Splice、男結び・・・以上。
ほかは、これ、とは言えないけれど長年実績を積まれた先生方の経験に基づいたノウハウや情報をたくさん教えていただきました。
8月は午前だけでしたが、9月からは1日授業になります。
中旬からはいよいよ現場実習が始まります。楽しみ!楽しみ!
事前に体力をつけておかなきゃ。
スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

アカデミックな授業(?)

26日: 「造園の意義と歴史」 Ka先生

今日は1回/月のKa先生の初めての講義でした。
今年から始めて職業訓練校の講義を担当されたらしく、他の先生からはKa先生の授業はアカデミックな授業になるでしょう、と聞いていました。
他の先生方が作業着かジーンズなのに対してKa先生はスラックスで登場。
授業も他の先生方が経験談中心なのに対して、造園の歴史や意義についてきっちり「講義」をしていただきました。
特に人間にとっての「植物」の重要性を環境問題も含めて繰り返し述べられ、「一本の木を剪定するにもこの思いを胸に置きながら、剪定してほしい。」とのことでした。
前職で環境管理の仕事をしていた私も非常に共感するところが多く、うれしい講義でした。
月一回なのが残念。

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

男結びマスター!

24日: 「ここ50年造園推移と屋上庭園」 Mo先生

屋上緑化はいろいろと難しそうです。
強度計算、防水、表土飛散対策などなど。
軽量の土もかなりコストがかさむし、屋上への資材の運び込みも制限が多いようです。

時間が有ったので、以前2回トライして2回とも失敗したスギゴケの育て方について質問してみました。
赤玉等の粘土質の土を表土とし、油粕やコメのとぎ汁を撒くと良いとのこと。
かなり水はけの良いところに植えたのが失敗だったようです。
また、乾燥防止のため日影が良いだろうと思っていたら、結構日が当たらなければならないそうです。
日を当てつつ湿度を保つとなると、かなり管理が大変そうだなぁ。
スギゴケにこだわらず、自然に生えてくる苔を育てることを勧められました。
なるほど。


25日: 「ロープワークⅢ(男結び等ロープを使用しての実技)」 K先生

ついに「男結び」をマスター(?)しました。
造園はこれを覚えないと始まらない、と言われる「男結び」です。
テキストの図は関東流でねじると緩むため先生の実技を見て覚えるようにとのことでしたが、なかなか分からず、教卓と自分の席を10回ほど行ったり来たりしながら漸く分りました。
一通り把握してからも、体で覚えるよう2時間ほど繰り返しひたすら「結んじゃ、ほどき」を繰り返し、指の皮も筋肉もかなり酷使しました。クレモナロープだからまだ良いですが、現場では棕櫚縄を使うと思うとゾッとします。

男結び
*男結び

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

まだ座学

盆休みが明けて一週間。
なるべくこまめに書こうと思いつつも、父が脳内出血で入院していることもありPCから遠のいてしまっています。
授業は午前中だけの座学が続いています。

17日: 「ロープワークⅠ(使い方、結び方)」 K先生
のはずがロープの手配がされておらず、残念ながら実技無し。
先生はボーイスカウトに入っていらしたそうで、その後もロープワークに興味を持ち結べる結び方は百数十種!
私も興味は有って本は買ったことが有りますが、結べるのはキャンプの際に使ったもやい結びのみ。
これを機会に「使えるロープワーク」を覚えたいと思います。
造園で使う結び方は何はともあれ「男結び」だそうです。これも一度ネットの動画を見ながらやってみたことは有りますが、もう忘れました。しかしこれも関東流と九州流が有り、関東流は結び目を少しひねると緩むため九州流で覚えるように、とのことでした。


18日: 「ここ50年造園推移」 Mo先生
熱い先生です。
一代で造園業を築いてこられた思いが伝わります。
まず、目標を持つこと。
そして、経験に基づいた知恵や工夫をいかに使うかが重要。
最近はクレーンをはじめいろいろな設備、機材が有るけれど、昔は人力で知恵を使ってこなしていた。
設備、機材を使った上で知恵も使えばさらに良い仕事ができる、ということでしょうか。
最近は本格的な日本庭園は減っており、新興住宅地では街ぐるみで統一した景観づくりをし始めている。こうなると個人事業では対応できませんね。


19日: 「植物の生活、植物の生態系Ⅱ」 T先生
樹木の互生、対生などの分類を初め、基本的な植物の構成についての授業が有りました。
合わせて安全教育。特に三脚使用時の注意が有りました。
高木に登って作業をする際の安全帯について質問すると、ロープを使用した高木上での作業のノウハウを教えていただきました。
・ケヤキに上る際は枝の股にロープを束ねて置き、その上を踏めば足が痛くない。
・同じくケヤキに上る際は枝を求めて縛り、その上に乗れば枝先に近いところの作業もできる。
など。
先生は技能五輪世界大会に参加するチームの指導者としてカナダへ行かれるそうです。


20日: 「樹木の特性と効果Ⅰ」 Mu先生
EUでは日本の庭木は「ガーデン盆栽」と呼ばれ流行っているそうです。
そう言えば他の先生の話の中でも、ドイツに行った教え子から、「儲かりまっせ!」という話が有ったとか。私は、親の世話が有るので残念ながら行けません。
樹木は野菜と同じで「適地適作」。近所のお宮や林に植わっているような樹木を植えるのが一番。
先生は元々は植木生産もやってらっしゃるだけ有り、全国の樹木の分布についてもお聞きすることができました。
ちなみに、ハチにはア*スよりキ****ルの方が効くそうです。


21日: 「ロープワークⅡ(男結び等ロープを使用しての実技)」 K先生
座学ですが初めて実技が有りました。
「クラウン・ノット」と「わっか」(と先生は呼ばれていましたが、近所のホームセンターには「EYE SPLICE」,「薩摩編み」と書いてありました。)です。
「クラウン・ノット」はロープの端をほつれないように編む方法、「わっか」はロープの端を編みこんで輪を作るものです。高木上での作業にも使うので安全に関わります。確実にマスターしなければ。
授業では直径6mmのクレモナロープを使いましたが、実作業では直径12mm、約4mのロープを使うそうです。
来週はいよいよ(漸く?)「男結び」です。

クラウン・ノット
*クラウン・ノット

わっか(EYE SPLICE)
*わっか(EYE SPLICE)

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

お盆休み突入

10日はMu先生の「庭作りの用語・造園の想い」。
筑後地方の方で、久留米高専出身の私には筑後弁が懐かしかったです。
「この仕事は親がやってるけど、好きでは無かった。」といきなり爆弾発言!?
でも、自然体で気負いが無いぶん楽にお話を聞くことができました。
生産地だけに樹木の販売もされているそうで、近年の中国からの買い付けで助かっているそうです。しかし、日本の良い木がごっそり中国に行ってしまったとか。
中国の樹木管理技術について質問したところ、もともと中国も技術が有るためきちんと管理できているそうです。日本の管理方法とは異なるそうですが。(マキなどは皮を剥いでしまうそうです。)

11日はI先生の「樹木の育成(土壌条件、肥料と時期)」。
北九州で仕事をされている方で、企業でも講師をされているそうです。
体格も良く色黒で、いかにも「親方」という感じです。とても71歳には見えませんでした。
防草シートについて質問したところ、使っていないとのこと。
セメントと砂を3:7~4:6でからねり(水を入れずにねる)したものを10mm程度に敷いた後、ジョウロで水をかけると、水は通すけど草は生えない下地ができるそうで、この上に玉砂利などを敷くそうです。ぜひトライしてみたいものです。

12日から16日までお盆休みです。

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

夢想権之助

Author:夢想権之助
福岡県春日市在住
48歳にして会社を辞め、
庭師への道を歩み始めました。
事務所は太宰府市連歌屋です。
ただ、ただ、愚直に・・・

ブログランキング
1日1クリック m(__)m
よろしくお願いします。 にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
クリックしていただいた皆様
大変ありがとうございます!

FC2Blog Ranking

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
農 (2)
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。