スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本庭園を守ろう!

9月28日: 「造園の意義と歴史(Ⅱ)」 Ka先生

座学です。
奈良時代以降現在に至るまでの日本の庭園の歴史についての講義でした。
平安時代に書かれた日本最古の造園書「作庭記」が未だに日本庭園の実用書として参考にされているというのには感心させられます。すでにその頃に非常に完成度の高い日本庭園が造られていたわけですからね。

「一回読んでみてください。」とのことでしたので、早速ネットで大阪市立大学のサイトから口語訳をダウンロードさせていただきましたが、口語訳を読んでもよく分かりませんでした。
やはり後日解説書を購入しましょう。

しかし、最近は日本庭園を造る人が減っており、日本庭園の技術継承が危機的な状況だそうです。
他の伝統文化と同じですが、何とかしたいものです。
皆さん、庭には(ベランダにも)日本庭園を!


9月29日: 「剪定作業実習」 Mo先生

降りそうで降らなかったので実習でした。
日は射さないけど蒸し暑く、汗と草木に付いた雨水とで全身びしょぬれ。
良かったのは、濡れているせいでカイヅカを剪定しても刃に脂が付かなかったこと。普段は30分おきぐらいに脂を取らないと切りにくくなるのに、今日は全くその必要がありませんでした。

先日のKu先生とは別のモミジの選定方法を教えていただきました。こちらは「強い枝を切り細かい枝を大事にしていき、柔らかい感じに仕立てる。」という方法です。盆栽の剪定に近い内容でした。
スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

盆栽教室

5年ほど前から盆栽教室に通っています。
ほぼ月2回。
もともと剪定の勉強をしたかったのですが、ある方に「盆栽が勉強になるよ。」と言われ、通い始めました。
始めてみると非常に面白く、かつ奥が深く、剪定以上にはまり込んでしまいました。

今日は午前中、その盆栽教室でした。
教室と言っても、スペースもさほど広くはないため、全員が実習するわけにはいかず、ほとんど先生が説明しながら作業するのを見る、という形です。

今日は細葉の斑入りテイカカヅラの針金掛けと植え換えでした。
残念ながら写真を取り損ねました。ごめんなさい。
これまではほとんど模様木ですが、今日は初めて(?)吹き流しでした。
「どこが頭になるのだろう?」という目で見ていましたが、「特に頭を意識する必要は無い。」とのこと。
完成品を見るとやはり柔らかい感じにまとまっていました。

盆栽の柔軟性を感じられ、また新たな魅力を知ることができました。

何も無いのもさびしいので、2週間前に撮った真柏をご紹介。
見た目ハデなので、欧米人に人気が有るそうです。

シンパク
*シンパク

テーマ : 盆栽
ジャンル : 趣味・実用

黒松

9月25日: 「剪定作業実習」 Ku先生

黒松はこの時期は剪定の適期ではないのですが、訓練校の開校機関の関係で無理やりやることになります。
本来は6月~8月頃に芽切りやみどり摘みをして、10月以降に古葉取りをします。
この時期の作業のやり方は色々な考え方が有るようで、先生によって指導が異なります。
今日は「伸びた新芽を元から切り、垂れた古葉のみ抜く」ということでした。

下の写真は作業途中の松の枝を下から取ったもの。
左側がだいぶ透けてますが、「これ以上透かしてはダメ。上部ぐらいが適等」。
ちなみに右側は未作業。
マツ

午後はまたまたカイヅカ剪定。
朝、「モミジの剪定を教えてください。」とお願いしていたところ、ちょうど作業場所付近にモミジが有ったので、基本的な剪定作業を教えてもらえました。
紅葉も樹形によって剪定方法が異なるようです。
今日のモミジは「枝ができているので、基本的に枝毎に玉作り。」でした。
本当は自然樹形の透かし剪定を教えていただきたかったのですが・・・

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

黄色いヒガンバナ

ヒガンバナ2

唯一残った黄色の彼岸花が満開になりました!
何とか保護して増やしていかなければ。
白(クリーム色?)は増えすぎて困っています。

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

連休明けもカイヅカ

9月24日: 「剪定作業実習」 T先生

今日は朝からT先生と2人の受講生が竹垣実習用の竹を取りに行ったため、午前中はビデオで自習でした。内容は

1.造園技能士検定3級
   完成品を見ると簡単そうに見えますが、作成経過を見ると2
   時間で完成するにはかなり練習が必要だと感じます。
   来年はいきなり2級を受けたいと思っているので、やはり
   どこかで練習しないと・・・

2.樹木の移植
   大木の移植は大変そう・・・

3.竹垣
   竹は癖が有るので使い方にはノウハウがいるようです。
   その辺も分かる良いビデオでした。

午後は例によってカイヅカの剪定。
途中少しだけゲッケイジュの剪定について教えていただきました。
しかし、説明が細部に至ると
「まだ教えるには早い。修行が足らん。」
そりゃ、?十年も磨いてきた技術やノウハウをホイホイと教えるのは抵抗有るでしょうね。
「分かってないやつに言っても身に付かない」、ってのがホントのとこなんでしょうが。


テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

夢想権之助

Author:夢想権之助
福岡県春日市在住
48歳にして会社を辞め、
庭師への道を歩み始めました。
事務所は太宰府市連歌屋です。
ただ、ただ、愚直に・・・

ブログランキング
1日1クリック m(__)m
よろしくお願いします。 にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
クリックしていただいた皆様
大変ありがとうございます!

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
農 (2)
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。