FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連歌屋の紅葉

京都も二日目が終わったので一休み。

この間に連歌屋も紅葉が進みました。

数日前に撮った写真です。

モミジ1

と、アップで見るとこうですが、
全体像はこんな感じ

モミジ2

根鉢は一体化した二本のモミジ。
たぶん兄弟で、肥料も水も日当たりもすべて同じ環境のはずなのですが、
こんなに紅葉に差が有ります。
やはり個体差でしょうか。

錦花園の盆栽も見頃を迎えています。

モミジ3


光明禅寺にも行きたいのですが・・・



1日1クリック、よろしくお願いいたします。 m(__)m
どちらでもお好きな方へお進みください。
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

高台寺

二日目の最後は高台寺。

夕食を「石堀小路 豆ちゃ」でいただきました。
感じも良く、おいしい京料理が食べられてお値段もリーズナブル。
食後には可愛いお嬢さんがお抹茶を立ててくれました。(^v^)

カウンターの隣のご夫婦から勧められました。
「高台寺はライトアップされた木々が池に映り込んでとてもきれいですよ。」


それがこれだ!!(・・・1,・・・2,・・・3)
 
高台寺3
高台寺4

まるで鏡に映っているようでした。
紅葉の具合も赤、黄、緑、三色揃っていて絶妙。
皆一様に歓声か溜息。
これは一見の価値あり。


裏山の竹林もライトアップされていて、これまた幻想的。

高台寺5


順番は逆になりますが、入口から入ると最初に目に付くのが、こちら遺芳庵。

高台寺1

なんかかわいらしいですよね。
ヨーロッパの童話にでも出てきそうな・・・


続いて目につくのがこちらなのですが・・・

高台寺2

照明で演出して有りましたが、ちょっとやり過ぎ・・・?
期間限定で作られているんみたいですね。
通常は二つの砂山だけが有るようです。


暗かったので今回のテーマの「庭」は良く見てません。(^_^;)


最終日は建仁寺スタートです。


1日1クリック、よろしくお願いいたします。 m(__)m
どちらでもお好きな方へお進みください。
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

無燐庵

金地院から西へ向かうと無燐庵。

実はこの前に真々庵に行きましたが、分かっていたことながら中には入れず。
ここは松下幸之助さんの別邸だったところ。
小川治兵衛の作だったものが、松下幸之助さんが入手した際にはずいぶん荒れていたそうで、松下幸之助さんが自ら指示して整備されたのだそうです。
いつの日か何とか見てみたいものです。
塀際の大きなカシの木はきれいに手入れされていました。

真々庵

さぞかし中もきれいに管理されていることでしょう。


さて、無燐庵。
こちらは山県有朋の別荘だったところです。
彼が小川治兵衛に作庭させたそうです。
当初小川治兵衛は昔ながらの石組みの庭を作ろうとしていたそうですが、山県有朋はこれを嫌い細かい指示を出して日本の原風景を写し取ったようなこの庭を造らせたそうです。
小川治兵衛はこれに大きな影響を受けて以後素晴らしい庭を作るようになったとのことです。

実際この庭はここまでにご紹介した仏教思想に基づいた庭等とは一線を画します。
一言で言えば「自然」。
落ち着いて見れる庭です。

無燐庵1
無燐庵2

流れに覆いかぶさるモミジがトンネル状態。
紅葉が進めば流れに映りこんでさぞかしきれいでしょう。


庭のいちばん奥にある滝石組。
無燐庵3

三段、左右に振りながら落ちてきます。


茶室から右手を見た景色。
無燐庵4

茶室から正面を見た景色。
無燐庵5


中庭の坪庭。
無燐庵6

こちらもとてもシンプルです。


ホッとできるお庭です。
時間に余裕を持ってゆっくりされることをお勧めします。


1日1クリック、よろしくお願いいたします。 m(__)m
どちらでもお好きな方へお進みください。
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

南禅寺金地院

南禅寺金地院です。

こちらのメインは小堀遠州作の「鶴亀の庭園」。

全景です。
金地院1

広大な白砂の奥に石組を配してあります。
奥の方が亀島、手前が鶴島。中央には蓬莱石組が立っています。


方丈からの眺め。
金地院2

恥ずかしながら現地では気が付きませんでしたが、石組の奥の大きな木々の刈り込みも見事ですね。


白砂の波紋も特徴が有ります。
金地院3

こちらの延段もちょっと変ってますね。
金地院4

中央に大きな石。両脇に小さな石を配してあります。
この場合は「通り目地」とか問題にしないんでしょうね。^_^;
(目地が複数の石にわたって真っ直ぐ繋がっていること。石を配する際に嫌われる置き方の一つです。)


個人的には「鶴亀の庭園」より、こういう景色の方が落ち着いて好きです。
ナンテンの使い方が面白いです。
金地院5




1日1クリック、よろしくお願いいたします。 m(__)m
どちらでもお好きな方へお進みください。
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

南禅寺天授庵

哲学の道を歩いて南禅寺に到着。

南禅寺

何本か紅葉してました。


大方玄関。
長さの違う平石をバランスよく配置してあります。

大方玄関


さて、南禅寺は同じ寺の敷地の中にいくつもお庭が有って、困ったことにそれぞれ拝観料が必要です。
今回は天授庵と金地院に行きました。

まずは天授庵。

天授庵1

入口の白砂に松の赤ちゃんが。
こぼれ種と思われますが、わざと残しているのでしょうね。


天授庵3

キキョウの青が新鮮で、なぜかホッとします。


本堂前庭は結構紅葉が進んでいて、モミジのグラデーションと松の緑のコントラストがきれいでした。
正門から本堂に続く幾何学的な石畳の配置がまた想像を掻き立てます。
これまたちょうど貸し切り状態になり本堂の縁に座ってゆっくり鑑賞できました。
南禅寺の山門に登って「絶景かな!」と呟くより、こちらをお勧めします。^_^;
ではゆっくりご鑑賞ください。

天授庵2

天授庵4

天授庵5

天授庵6

金地院はまた次回。




1日1クリック、よろしくお願いいたします。 m(__)m
どちらでもお好きな方へお進みください。
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
プロフィール

夢想権之助

Author:夢想権之助
福岡県春日市在住
48歳にして会社を辞め、
庭師への道を歩み始めました。
事務所は太宰府市連歌屋です。
ただ、ただ、愚直に・・・

ブログランキング
1日1クリック m(__)m
よろしくお願いします。 にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
クリックしていただいた皆様
大変ありがとうございます!

FC2Blog Ranking

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
農 (2)
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。